2005年06月03日

EG

[正式名称]

Envelope Generator(エンベロープ ジェネレータ)


[解説]

アナログシンセサイザーの音色や音量の時間的変化を作り出す。またはその電圧を出力する回路。ADSRというパラメタで時間的変化を指定する。

posted by yknb at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

ADSR

[正式名称]

Attack Time,Decay Time,Sustain Lvel,Release Time


[解説]

EG(エンベロープジェネレータ)により出力された波形の時間的変化を数値化したもの。Attack(アタック)は信号が最大音量になるまでに掛かる時間、 Decay(ディケイ)はその音量が 50% まで落ちるのに掛かる時間、 Sustain(サスティーン)はどのくらいの間その音が同じ音量で鳴り続けるかを示す時間、 Release(リリース)は音が消えるまでフェイド・アウトするのに掛かる時間。



[備考]

http://otosofts.hp.infoseek.co.jp/Synthesis/EG.htm#AttackTime
posted by yknb at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

MIDI

[正式名称]

Musical Instrument Digital Interface


[解説]

電子楽器(シンセサイザー、音源、電子ピアノなど、いわゆるMIDI機器)同士や、それらとコンピュータを接続するための世界共通の規格。MIDIプロトコルで決められた1/2/3バイト長のMIDIメッセージと呼ばれるデータを送受信して最大16チャンネルの音色、音程、音のオン/オフの信号を通信して制御する。

※音色、音程、音のオン/オフの制御をディジタルデータに変換して通信し、音声情報を通信しているのではないので、MIDIで接続される機器が変われば、メーカーや機種が異なっていても、自由に情報のやり取りができる。反面、同じ信号を送受信していても、機器が異なれば再生される印象が異なってくる。(異なってくるというのは語弊があるが、雰囲気が変わるというほうが言葉のニュアンスが伝わるかと思う)

MIDI OUT/MIDI IN/MIDI THRU 3種類の端子があり、OUT-INを接続する。OUT-THRUと接続した場合は、THRUの機器のOUT端子から、THRU端子で受け取った信号がそのまま出力される。
(機器にもよるが、OUT-INと接続した場合は、INの機器で処理し切れなかった信号のみがINの機器のOUT端子から出力される)
MIDI接続には、ドイツDIN規格の5ピンのMIDIケーブルを使用して、31,250bpsの速度で通信が行なわれる。

1982年に基本仕様を策定。現在もバージョン1.0のままである。


[備考]

http://yougo.ascii24.com/gh/07/000744.html
http://www.amei.or.jp/information/AMEINEWS_MIDI20_Vol.21.pdf
posted by yknb at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

DTM

[正式名称]

Desk Top Music


[解説]

コンピュータ(パソコン)を用いた音楽製作。用語が使用されだしたころはMIDI機器(MIDIインターフェース、音源モジュール、キーボードなど)をシーケンスソフトを使用して楽曲を製作することを指していたが、最近ではDAW環境を整えてデジタルレコーディングした音源を使用したり、サンプリングされた音源を使用してノンリニア編集などで楽曲を製作することも指す。


[備考]

http://e-words.jp/w/DTM.html
http://yougo.ascii24.com/gh/48/004844.html
posted by yknb at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

VST

[正式名称]

Virtual Studio Technology


[解説]

ドイツのSteinberg(スタインバーグ)社が打ち出したコンセプト。コンピュータ1台でレコーディングから編集、またエフェクトやミキシング、シンセサイザの音色作り・・・と、コンピュータ上でスタジオを実現する技術を指す。

VSTプラグインには、VSTプラグイン、VSTインストゥルメントの大きく2種類のものが存在する。



[備考]

http://allabout.co.jp/glossary/g_digital/w000301.htm
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20030222/
posted by yknb at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

ReWire

[解説]

音楽ソフト間をつなぎ、(オーディオ、MIDI、同期を含む)リアルタイムにオーディオデータを転送することができる仮想のマルチチャンネルオーディオケーブル技術。またはそれに対応した規格。
ReWireマスター(親)にスレーブ(子)が同期し、スレーブからマスターへオーディオを送り込んだり、マスターからスレーブへMIDIを送ったりできる。


[備考]

http://www.japan.steinberg.net/technology/rewire.html
posted by yknb at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASIO

[正式名称]

Audio Stream Input Output


[解説]

Steinbergというドイツのソフトメーカーが生み出したオーディオソフトウェアとオーディオハードウェアをつなぐオーディオドライバの規格。高音質なマルチチャンネル入出力が実現できるため、多数のハードウェアやソフトウェアが対応しており、今や世界標準規格となっている。
バージョン2.0では、音の遅れの無いダイレクトモニタリングや、ADAT sync, LTC(SMPTE), VITCを使用した外部機器とのサンプル単位の正確な同期を実現。

音楽ソフトウェアがオーディオハードウェアを取り扱う時の規格。


[備考]

http://www.japan.steinberg.net/technology/asio.html
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20021117/index.htm
posted by yknb at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAW

[正式名称]

Digital Audio Workstation


[解説]

オーディオのデジタル信号を編集するノンリニア編集システムのこと。DTMで使用する場合は、デジタルレコーディングが可能なシーケンスソフトを指したり、それを含めたシステム全体のことだったり、オールインワンシンセサイザーもDAWと呼んだりする。
posted by yknb at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。