2006年04月29日

PC用キーボードにMIDIコントローラが付いている。で、そのテレビショッピングでの超絶技巧

ドラムスセット弾いているんだけれども、だんだん熱くなっていくのが面白い。



でも、似たようなこと、僕もやってるんだよね。ここまで上手くないけれど。

posted by yknb at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

「Boot Camp」のMac miniでDTM製品を動作検証

藤本健のDigital Audio Laboratory
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060410/dal231.htm
にて、最近発表になった「Boot Camp」を使って、Mac miniでWindows系のオーディオインターフェース、DTMソフトが動作するかを検証していた。

「Boot Camp」とはこちら。
アップル、Boot Campを発表
http://www.apple.com/jp/news/2006/apr/05bootcamp.html
Microsoft Windows XPのインストールディスクを持っているユーザは、本日よりダウンロード提供されるBoot Campを使って、IntelベースのMac® にWindows XPをインストールできるようになります。インストールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS® XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります。
Boot Campを利用するためには、IntelベースのMacとUSBキーボードおよびマウス、または内蔵キーボードおよびトラックパッド、Mac OS Xバージョン10.4.6以降、最新のファームウェアアップデート、起動ディスク上に最低10GBの空きスペース、記録可能なブランクのCDまたは DVD、そしてシングルディスクバージョンのWindows XP Home EditionまたはProfessional(いずれもService Pack 2以降)が必要です。

オーディオインターフェースのテスト気としては、EDIROLのFA-101、UA-101をテストしていたがあっさり成功しているようです。

DTMソフトとしては、SONAR 5 Producer Edition と、Reason 3.0 を試しているようです。
SONAR 5 Producer Editionをインストールして使ってみたところ、まったく違和感なく使うことができる。SONARの場合、ASIO、WDM、DirectX、MME と各ドライバに対応しているので、こうしたチェックの際はとても便利。FA-101、UA-101のそれぞれで各ドライバを試してみたが、すべてOKだった。ただしSONARでは、標準のサウンド機能であるIntel HD Audioは利用できない。これは一般のPCでもMac miniでも同様の結果である。
Reason 3.0もインストールして試してみた。こちらも、各オーディオドライバで問題なく動いた。ASIOドライバを選択しておけばオーディオのレイテンシーも通常のPCと同様に小さく設定できる。また、手元にあるUSB-MIDIキーボードであるEDIROLのPCR-30を接続してみたところ、これも Reasonから自動認識でき、普通に使うことができた。もちろんReWireなどは問題なく動作するので、Mac mini特有というような事情はなにもなさそうだ。

ノートPCを使用してDTM環境を構築していたけれど、PCスペックが悪く、ちょうどデスクトップ機に切り替えようと思っていた矢先のこの「Boot Camp」。かなり心が傾いているんだけれど・・・
posted by yknb at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。