2005年08月22日

「シンセサイザーの父」ボブ・モーグ博士が死去

楽器としてのシンセサイザーの創始者であるロバート・A・モーグ博士が8月21日、脳腫瘍で死去した。71歳。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000022-zdn_n-sci
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/22/news041.html

子供のころ、ケーブルだらけの黒いタンスの様な箱から、神秘的な音色が出てきたのを見て/聴いて感激したことが、今思えばオンガク人生に少なからず影響を与えていたと思います。
moogといえば、楽器フェアでとあるブースで何かの説明を受けていたら、いつの間にか松武秀樹さんがひょっこり後ろの席に座っていて、熱心にmoogをいじっていた姿を思い出しました。

電子楽器の神様、モーグ博士に哀悼の意を表したいと思います。

オフィシャルサイト
http://www.moogmusic.com/

posted by yknb at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲斐名都の路上ライブを聴いてきました。

久しぶりに元気をもらった曲。気分が沈んでいるときにたまたま立ち寄ったタワーレコード吉祥寺店のインディーズの視聴コーナーに並んでいたので視聴したのですが、切なくもストレートな歌詞と、澄んでいて頭から離れない声質、そして洗練されたメロディーラインに心奪われてしまいました。
その甲斐名都さんが、下北沢で路上ライブを行うというので聴いてきました。
場所は下北沢駅、開始時刻は23:00予定だったのですが、救急車が出動したりとばたばたしていて、結局始まったのは23:30くらい。途中、駅員さんの制止も入ってしまって全部で3曲のみでしたが、十分満足して帰ってきました。

オフィシャルサイト
http://www.kainatsu.com/

posted by yknb at 16:34| Comment(0) | TrackBack(1) | DTM環境構築日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

坂本龍一ネタを探してたらたどり着いた煩悩ガールズ

どうでもいいのですが、いったい何がしたいのか。
108人のメンバーで構成された女性ユニット「煩悩(ぼんのう)ガールズ」が、10月8日に「い・け・な・いルージュマジック」でデビューすることが2日、分かった。ユニット名は、仏教で108あるとされる煩悩から名付けた。所属レコード会社によると、108人の歌手グループは世界でも例がなく、ギネスブックに申請する準備を進めているという。メンバーは大手プロダクション所属のモデルで、年齢は18〜26歳。4人はニューハーフだ。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050803-0015.html

記事を読むと、激しく「あーあ」感が全身を埋め尽くす。
もうちょっと探してたら、参加している方のブログを発見。
http://blog.livedoor.jp/hikarumba/archives/27809720.html

PV撮影をしていたようですが、彼女も、いったい何をやっていたかわからない状況だったようです。

このユニットは、絶対長生きしない(というか、一発屋)だよなぁ。
ここに書くべきかどうか激しく悩みましたが、勢いで書いちゃったので掲載。

posted by yknb at 10:29| Comment(1) | TrackBack(1) | オンガク情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。